Writer/文筆家

『ベートーヴェン捏造 – 名プロデューサーは嘘をつく』

柏書房/2018年

犯人は、誰よりもベートーヴェンに忠義を尽くした男だった──
音楽史上最大のスキャンダル「会話帳改竄事件」の全貌に迫る歴史ノンフィクション。


『ベートーヴェンの愛弟子 – フェルディナント・リースの数奇なる運命』

春秋社/2020年

時は19世紀初頭。巨匠ベートーヴェンと同じ町に生まれ、弟子としてその背中を追い、ショパンやリストに先駆けたロマン派の旗手として新時代を切り拓いた音楽家がいた――その名はフェルディナント・リース(1784~1838)。
音楽史のターニングポイントに生きた音楽家の波乱の生涯をいきいきと描き出す!